野ざらし日記

編緝出版×農藝全般「あらたま⦿農藝舎」主人・根津耕昌のblogです。

ことばとからだ――離魂状態にみる世界の成り立ち(草稿)

 すべてのこだわりがほどけてしまふことへのあこがれとおそれ。あこがれとおそれのあわひにわれわれのいのちがある。
 性の交はりを言う交合は「交(ちが)ひ合ふ」の意で、雌雄陰陽両極の二者が時を得て交(ちが)ひ遂には合一することからあらたな交(ちが)ひをうみなす行為を表す。交(ちが)ひが時を得てまた交(ちが)ひを生み、互ひに交錯しどこまでも織りなされてゆく姿をヒトは界、境(さかひ)、世界と呼んだ。
 交(ちが)ひは時により接点をもつ交差、真交(まちが)ひは数学に言ふ「ねぢれの位置」にあり、決して接点をもたない関係のことだ。すべてのものは必ず真交(まちが)ひをもち、自分のまちがひは自分では決して認識しえない。ヒトがまちがひを指摘されても何の事か一向にわからないのはそのためで、それぞれの交(ちが)ひを精密に重ねあはせてみる事から初めてその存在を知り得る。
 それぞれがそれぞれの交(ちが)ひのなかですでにひとつであり、これ以上ひとつになることはできない。世界はばらばらのままですでにひとつだ。ただ、誰もがその背後にもつ真交(まちが)ひの存在を知り、自分では認識できない真交(まちが)ひの不思議を重ねあはせることから、より深い相互認識に至る。それを佛道の哲理は緣と呼んだ。
 自分からは決して見ることのできない真交(まちが)ひは畏ろしく、ヒトはその昏(くら)さに時としてあこがれを覚える。そして真交(まちが)ひへのあこがれが過ぎると自己同一性を失ひ、いのちのはたらき、魂を失ふ。「あこがれ」とは古語で魂の游離を意味することばだ。
 触覚、視覚、聴覚、嗅覚、味覚といふ五感が鈍ったからだはいのちのはたらき、自己同一性が失はれかけた状態、魂の游離してあこがれ出でてゐる様を言ひ、病ひとして古くから恐れられて来た。ヒトは自らの真交(まちが)ひに氣を病むあまり、魂を游離させてそれを認識せんと欲し、結果己が全能であるやうな錯誤に陥る。

 自己同一性を半ば失いつつある、いわゆる魂の遊離したからだがもつ独特の状態は、通常からだのすみずみにまで行き届き循環してゐる生命エネルギーが停滞してをり、痛みを痛みとして感じえない程に五感が鈍る。この状態の先に死がある。
 つまり魂とは、からだを機能させてゐる生命エネルギーの運動、氣(ち)の流れに他ならないのだが、自己同一性が失はれていくと氣(ち)の流れが停滞する。その段階では血は流れ、心臓も動いてゐるものの、本人の五感はどこまでも鈍り、からだは重く、操り手のゐない人形のやうな物体に近づく。つまり物体であるからだを機能させるためには本人が本人であるといふ自覚、自己同一性が不可欠であることが知られ、この現象は霊魂の存在なしにはどこまでも説明しえない。物理的には過不足のない人体が、自己同一性を失ふことで機能しなくなってしまふ、これはどこまでも不思議だ。睡眠状態とも明らかな差異が見られる。
 このやうに自己同一性が失はれかけた、ある種の全能感につつまれた状態のヒトはさまざまに本質をつくことばを吐くことがあるが、それは過去の誰かや、あるいは時として宇宙人などといはれる人格をもつ。ここに言ふ宇宙人とはおそらくは未来の何ものかを意味し、自己同一性が失はれ、ことばの深みにアクセスした魂は共時性をもち、過去・現在・未来の別がなくなる。
 このことから、宇宙は通時的であると同時に共時的であることが窺ひ知られる。ことばとは宇宙にはりめぐらされた共時的な存在、生命エネルギーをつなぐ相互連絡網であり、それは量子力学が言ふところの「非局所的長距離相関」をもつ。ヒトの身体はどこまでも通時的だが、ことばは違ふ。ことばはつねに時と場所を超え、関連してゐる。
 ヒトがことばとのつきあひをあやまると、あちらにつれていかれる。時と場所とのはざまに呑まれる。「つきあひ」とは仕(つか)へあふことであって、ことばとヒトが上下なく互ひに仕へる態度が大切なやうだ。ことばを道具として使役するのも、ことばに人形として使役されるのもあやまりで、互ひに敬ひ仕へあふことから導かれるすがたが、あるやうに思へてならない。

農藝ごよみ⦿和暦月齢カレンダー 取扱店まとめ






農藝ごよみ⦿和暦月齢カレンダー 注釈まとめ











【2/22】ウトゥワスカラプ✜交流会――アイヌの歴史、文化と音楽に学び「ちがいをみとめてわかちあう」一日。

f:id:aranono:20150131214931j:plain

 OKI AINU
 UTUWASKARAP GATHERING

〈ウトゥワスカラプ utuwaskarap>はアイヌ語で「おたがいの氣持ちを理解しあう」を意味することば。そのためにまずは、ちがいをみとめてわかちあおう。そんな想いからこの企画は立ち上がりました。

越境DUBサウンドで国内外の人氣を博すAINU ROOTSバンド「DUB AINU BAND」のリーダーOKIさんを講師に迎え、アイヌの歴史、文化と音楽に学び、共に味わい、心ふれあう一日です。

昼食交流会の時間には、おにぎりやだご汁などのふるまい、OKIさんを交えたもちつきを予定しています。地元参加者によるお芝居や、ミュージシャンのライヴもありますので、どうぞお氣軽にご参加ください。

f:id:aranono:20150131215026j:plain

講師⦿OKI
旭川アイヌの血を引く、樺太アイヌの伝統弦楽器トンコリの奏者。「DUB AINU BAND」のリーダー。かつての樺太アイヌトンコリを愛用し、一家に一本あったという。だが時代の流れとともにその伝統はすたれていった。その演奏法と製作法を復活させ、トンコリの未来を切り開く、OKIがライヴを行います。今回はバンド編成ではなく、トンコリ一本で伝統曲を中心に樺太の情景を描きます。[info: www.tonkori.com ]

 開催日⦿2015年2月22日(日)
 場所⦿久住さやか(大分県竹田市久住町久住3987)
 参加費⦿1,000yen(18才以下無料)

お問合せは、ウトゥワスカラプ実行委員会(utuwaskarap.gathering@gmail.com )まで。

【日本語を読む】小林多喜二『蟹工船』


 中華料理を食べに行った帰りの夜道で、車の追突事故に出くわした。
 暗い交差点の真ん中で、避けきれずに鈍く鼻先を潰しあった二台の車が、あっけない音と煙を吐きだして動かなくなった。片方の車の運転手がドアを開けのろのろと往来を渡り、力なく歩道の隅にしゃがみこんでいるのが見える。私はとっさに119番に電話をかけて、救急車を呼んだ。電話を切った後になって、運転手は怪我をしたわけじゃなかったのに、と思う。瞬間の事故に会って「生きている」ことに氣付き、うろたえていたのは、あの運転手だけじゃなかった。そんな興奮を抱えたまま、立ち寄ろうと思っていた本屋に入ると、思いがけず『蟹工船』と出会った。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

 この当時、2008年に入って小林多喜二の『蟹工船』(新潮文庫)が五倍の売り上げをみせている、という事をテレビや新聞を目にしない私は知らなかった。本屋の店先には、新潮文庫版『蟹工船』が平積みにされている。これには面喰った。朱色と黒のあざやかな色の対比にポップなフォントで印字された『蟹工船』『小林多喜二』の文字がことさらに目を引く。配色のバランスが私にアニメの「ガンダム」を思い浮かばせる。

むせぶごとく萌ゆる雑木の林にて友よ多喜二の詩を口づさめ

という寺山修司の短歌が氣にかかっていた私は、『蟹工船』の最初の1、2ページを読んで驚きをかくせなかった。ここ最近ずっと求めていたものを、見出した気がした。上氣した氣分でまよわずその本を買い、ビールを買おうと思っていたのを止して、家に帰った。

続きを読む

Pandora note #3 「放射能おばけ」と「査読」

「今の日本には白昼堂々おばけが歩き回っている。」という、どこか文学的な雰囲氣の一文から始まる論考がYahooニュースに公開され、話題を呼んでいます。


放射能恐怖という民主政治の毒 (1)放射線と政治(小野昌弘) - 個人 - Yahoo!ニュース

 イギリス在住の免疫学者・小野昌弘氏が現在連載中のこの「放射能おばけ」に関する記事には、科学と非科学、仮説と妄信という幻が引き起こす問題についてかなり頷けるものがあります。
 ただひとつ、氏の書いたこの記事は、科学論文ではないにせよ人の目に触れるものとして十分に「査読」を経たものなのだろうか、という疑念が残りました。論考のなかで筆者が批判の対象にあげたクリス・バズビー氏のように、筆者が筆者の論理にとって好都合な情報だけを選び、不都合な要素を排除していないことを誰が保証できるのでしょうか。

1998年に、英国のクリス・バスビー氏が率いる反核団体「緑の監査(Green Audit)」が、セラフィールドにおける放射線汚染事故のためにウェールズで低線量の放射線汚染による白血病の増加がみられたと主張した。ウェールズのメディアは、バスビー氏らの報告に批判的ではなく、むしろ氏の調査に協力した。そして、これらの報告は科学雑誌の査読システムを経ることなくメディアを通じてウェールズに広められてしまった。
放射能恐怖という民主政治の毒 (2)英国の経験(小野昌弘) - 個人 - Yahoo!ニュース

科学雑誌に幻が誤って発表されると、この幻を取り除くために他の科学者が相応の無駄ともいえる努力をしなければならなくなる。だから、すべてのまともな科学雑誌は査読という過程を経る。論文を雑誌に掲載するかを、同じ分野の別の研究者が批判的に読んだうえで決定するという過程である。ここで疑念のある点は、具体的に指摘されて、著者はその指摘に真摯に対応することが求められる。
放射能恐怖という民主政治の毒(8)科学者の一分(後編)(小野昌弘) - 個人 - Yahoo!ニュース

 放射能汚染問題にまとわりつく疑似科学の蒙昧をやぶり、科学的思考における「査読」の重要性を説くのであれば、それがYahooニュースの一記事であっても、氏の言うところの「信頼のおける権威たち」によって十分な批判検討を受け、検証されてきた論理であるという事実が根拠として置かれなければ、結局は同じ事の繰り返しになる可能性があります。

整然とした論理の闇

 小野氏が書いた記事の論理は筋道のはっきりとした、多くの人を頷かせる説得力のあるものです。ですが、だからこそ氏が氏にとって都合の良い情報だけを選んで論理を組み立てている可能性、疑念が色濃く残ります。
 理路整然としすぎた論理というものは、論の障害となる要素を排除して組み立てられたものである場合が少なくありません。よって、氏の書いた記事を国内外の多くの識者が「査読」し、批判検討を経た上で改稿して公に問うのが良い、と私は考えます。
 もちろん、氏が論考内において提示した自然科学的思考と、それに基づく「査読」の重要性は確かなもので、今後の日本にとって多くの学ぶべきことを含んでいると感じました。からだの知らせてくる直感と経験則による演繹的判断と、多くのデータの積み重ねと話し合いから導き出されるだろう帰納的判断を、より誠実に、どうすりあわせていくのか。もろもろ自戒の念もこめて、多くの事を考えさせられる論考と言えるでしょう。

(続きは↓のnoteにて公開中です。)


Pandora note #3|根津耕昌/Kousuke Nezu|note

農と平和「遠い挿話」――イラン・イラク、千夜一夜の幻想をぬけて


 イスラム教という一つの名のもとに語られている、1980年からのイラン・イラク戦争、1990・91年の湾岸戦争、2003年からのイラク戦争へと至る道筋の上で、二つの重要な事件が起こった。一つはイランにおける「イスラム革命」、いま一つはイラクで起きたもので「バアス党革命」と呼ばれている。

イランの「イスラム革命

 1979年、フランスのパリに亡命していたアヤトラ・ルホラ・ホメイニ(Āyatollāh Rūhollāh Khomeinī, 1902-1989。イスラム教シーア派に属する宗教指導者。イスラム教にはシーア派スンニー派があるがイランにおいては前者が圧倒的多数である)の帰国により反政府的な市民勢力が蜂起、国王軍の主要基地を占拠しようとした。それにより、以前から対立のあった陸軍と空軍の亀裂が表面化、混乱・分裂をまねき、陸軍は基地内の武器・弾薬を市民勢力の手に開放、政権はモハメド・レザ・シャー・パーレビ国王(Mohammad Rezā Shāh Pahlavi, 1919-1980。1975までクルド人を支援)からホメイニの手に移り、イラン帝国イラン・イスラム共和国となった。この政変をうけて、パーレビ国王はアメリカ合衆国に亡命。革命以後、パーレビ時代の高官を含む623人が革命裁判によって処刑されている。この革命は、政治と宗教は別物であるという考え方が自明のものであった西側諸国にとって、非常に衝撃的な出来事であったという。
 この直後、イランの学生たちがテヘランにある米国大使館を襲撃、人質をとって立て篭もり、NYに亡命中のパーレビ元国王の身柄引き渡しを要求した。これは国際法違反であるが、ホメイニもこの行動を支持。それに対して米国はイランからの原油輸入の全面停止を発表した。同日、イラン側も米国への石油輸出を停止、折からの世界的な石油消費量の増大と生産量の伸び悩みもあり、世界の市場は混乱、石油価格は過去最高を記録した。これが「第二次オイルショック」である。

イラクの「バアス党革命」

続きを読む
copyright(c)Kousuke NEZU all rights reserved.