読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野ざらし日記

編緝出版×農藝全般「あらたま⦿農藝舎」主人・根津耕昌のblogです。

Pandora note #2 放射能泉入湯体験記

 2013年の秋冬に、広島で滞在させてもらっていたパートナーの実家(的な場所)のお風呂がいわゆる天然の放射能泉で、漠然とした不安から入るのを避けていたのだが、天然放射線は人体に有害なのか、そうでもないのか、身をもって実験してみた感想をここに書き残しておこう(風呂に全く入らないのもアレだったので)。
 天然核種でも人工核種でも、原子核崩壊をした元素から放射される放射線は同一のものであり、人体には有害だから避けたほうが良い、という京都大学原子炉実験所助教小出裕章氏や映画監督・鎌仲ひとみさんらの意見と、天然放射線には免疫力を高める効果(ホルミシス効果)もある、天然放射能泉や放射性物質を含む鉱物はからだに良い、という一部の意見がくいちがっていて、結局どうなのかわからない。
 いわゆるラジウム温泉に含有されるところの、ウラン238から鉛206へと至る放射性物質の崩壊系統は、α崩壊かβ崩壊をする希ガスが多く、原発事故由来のセシウムストロンチウムのように人体に蓄積される危険は少ない、とも言われる。が、危険だとも言われている。科学論文においても両極の意見が常にとびかっている。
 東京電力福島第一原発の事故以後、むしろ積極的に天然放射能泉に入浴しているという友人は、人並み外れて健康な人物であり、天然放射能泉はからだに良いという意見も「非科学的!」と無下に一蹴できるものではない、とはおもう。科学はいまだ発展途上で、その友人はとても元氣な人だから。

実際の感想

 というわけで、放射能泉に入ってみた実感を書く。若干金属的な舌触りの感じられるさらっとした印象のお湯で、小一時間ほどのんびり湯船に浸かり温まっていると、途中、ちからが抜けてぐったりする時間帯があった。入ったあとは、入る前よりもからだの調子が良くなったようにも感じられたが、それが放射線による影響なのか、温泉の温浴効果によるものなのかは、判別がつかない。何よりこの当時あまり風呂に入っていなかったから、体が冷えている。
 入浴直後の体調は、どちらかといえば良好だったものの、原発事故後食事に氣を使わなかった時期に体験したのと同様の「記憶力の低下」が起こった。車の鍵をかけているのにかけた事に自信が持てず、何度も確認しに戻る。短時間のことだが、記憶に不安を覚えた。
 今回の漠然とした実験では、天然放射能泉に入浴すると体調は改善されるが、若干の記憶力低下が発生する、という結果が導き出された、とも考えられる。記憶力低下の時間は短く、体調はわるくはないので、リスク管理的にどうなのか、可とも不可とも言いがたい印象。この後何度か入湯を重ねた感触では、放射能泉の放射線が脳に何かしら影響を与えてるっぽい、とだけは言えそうだ。

脳と内部被曝

 原発事故後の一年間、私は今ほど事態を深刻に捉えてはおらず、関東東北に旅行に出かけたり、京都なら問題ないだろうとチェーン店のレストランで食事をしたりしていた。
 2011年の夏以降、なぜだか物忘れが異常に激しくなり、玄関の鍵を何度閉めても閉めたことに自信が持てず、鍵がかかっているかどうか何度も見に帰る、という出来事が続いた。当時は鬱氣味だったこともあり、そのせいだと思っていた。
 とある縁あって原発事故とそれによる環境汚染の深刻さを知り、2012年の4月から食事を完全に切り替えた。海産物、乳製品、動物性食材、スーパーに売っている農薬・化学肥料で育った野菜、危険性の高い可能性がある外食等を一切無くして一・二ヶ月したら、それまでの物忘れがスッとなくなった。
 あの異常な物忘れは、脳の被曝症状だったと思っている。
 上にあげた友人のように、原発事故由来の人工放射性物質による内部被曝をできるだけ避け、手に入るかぎりの健全な食材を、最良の調理法でつくった食事を毎日ありがたくいただき、早寝早起きからだをよくうごかして生活している人にとっては、天然放射能泉による影響がプラスに働く事も、もしかしたらあるのかもしれない。
 逆にいえば、外部被曝内部被曝もあまり氣にかけず、何を原料に、どこでどう作られたか得体の知れないものばかり食べて不健全な生活を送っている人にとっては、脳への影響を考えるとあまりおすすめできないかもしれない、と感じた。
 以上はごく個人の体感で、誰かが何かを選択する際の参考になるかもしれない、そんな程度の報告です。おのおのからだの感じる違和感を大切に、逐一体感で確かめながら生活していきたいものです。

(続きは↓のnoteにて公開中です。)


Pandora note #2|根津耕昌/Kousuke Nezu|note

copyright(c)Kousuke NEZU all rights reserved.